hakkasui は、ココロとカラダが喜ぶもの、全体性を見る目線でセレクトします。

 

hakkasui は、モノの背景がストーリーとして感じられるものを大事にしそれを言葉で伝えます。

 

hakkasui は、自分自身を大切にする暮らしのこと、日々の生活に楽しさと豊かさをもたらす身の回りの品を紹介します。 

そして、お客様ひとりひとりにさまざまなシーンが生まれることを望んでいます。

 

コンニチハ。hakkasuiです。

hakkasuiは山形市ののどかな住宅の中にあります。
田んぼが広がり須川が流れる静かな田舎町です。
約8畳ほどの小さなお店と、奥につながるスペースで企画展を行っています。

hakkasuiのお店は2014年9月に開店しました。
衣食住をはじめとし、ココロとカラダが喜ぶものを、日々の生活に豊かさをもたらすものを扱っています。
モノを選ぶ基準は、背景・人・ストーリーを大切にします。

衣であれば、肌に触れて気持ちが良いもの、優しさを感じるもの、ワクワクを届けてくれるもの、
何度でも袖を通したくなる日常的なもの。

食であれば、カラダに負担のない食材。食を真面目に考え、作ってる人の熱意がつたわるもの。

住であれば、些細な日常を、愉しみ豊かにしてくれるものや道具。
これらをよく考え、想像し、ひとつひとつのモノを大事に扱い、提案することに努めます。


hakkasuiはお客様に日々楽しさと豊かさの粒が集まってほしいと願っています。
サロンのような空間を目指し、おひとりおひとりに輝くお手伝いができたら、お役にたてればこのうえないしあわせです。


どうぞよろしくお願いします。






                                                                                                                          2014.8.8 (Fri)    店主

IMG_0013.jpg


おいらはチビ黒の栞汰(かんた)7才です。
おとうとは凪季(なぎ)4才です。

とうちゃんと、かあちゃんと暮らしてマス。

みなさんヨロシクおねがいしマス。ペコリ